パワーストーンと水晶の違い

水晶もパワーストーンとして力を発揮する石ですが、
水晶と他のパワーストーンには、大きな違いがあるのをご存知でしょうか。

 

シトリンとアメジストの画像

 

パワーストーンとは、
自分の中の夢を実現させる力を引き出し、願いを叶える為に身につけると良いとされています。

 

シトリンは金運、アメジストは恋愛運など、それぞれの石の持つパワーに会わせて身につける方が多いでしょう。

 

水晶にもそういったパワーストーンの役割はあります。

 

しかし、水晶の持つパワーはそれだけではありません。

 

水晶は、パワーストーンではお守りや浄化作用魔除けといった効能が有名ですが、一番の水晶の特性は、サポート力、いわば他の石の力を増幅させるという事です。

 

他の石や水晶を持つ人間のパワーを引き出し、サポートしてくれる、いわばパワーストーンの中の栄養ドリンク的な役割を果たすといっても良いでしょう。

 

他のパワーストーンに水晶を合わせて持つだけで、他の石の持つパワーを水晶がさらにサポートして増幅させてくれます。

 

あなたが自信が無い時、手の中で水晶を握るだけで、体の奥から安らぎとともに誰かに守られている安心感を感じる事ができるでしょう。
自信が漲ってくるはずです。

 

 

勿論どんな水晶でも良いというわけではありません。

 

水晶には様々な種類がありますから、自分の最も相性の良い石を手に入れる事が大切です。

 

ハーキマーダイヤモンド水晶

 

ルチルクウォーツ、ニューヨーク州ハーキマーでのみ産出されるハーキマーダイヤモンドと呼ばれる水晶は大変高価ですが、見る者を引き寄せるオーラを放出していますから、購入するときは参考にされると良いでしょう。

 

この様に水晶には、他のパワーストーンとは一段違うパワーを持っています。

 

 

そして水晶は部屋におくだけで浄化作用があります。
パソコン、ケータイの側に水晶を置くだけで周りの空気や電磁場を取り除くとも言われています。

 

ぜひ身近な場所に水晶を置いて、不思議なパワーをご自身で実感されてみてはいかがでしょうか。