石の悪い組み合わせ

針水晶と白トルコ

パワーストーンと呼ばれる石は実に種類も色も豊富です。

 

水晶も透明なものだけではありません。

 

針水晶と呼ばれる金色に近い水晶もあれば、
白トルコとよばれる真っ白なトルコ石もあります。

 

パワーストーンを身につける時、悪い石の組み合わせというのは、
あなたが「なんとなく嫌だな」という気持ちになるかどうかです。

 

せっかく高いお金を出して買ったパワーストーンなのに、なんとなく付けてるとしっくりこない、、そんな場合ははずした方が無難です。

 

パワーストーンが悪いのではありません。
その場合は、そのパワーストーンとあなたの相性が良くなかったと考えるべきでしょう。

 

 

パワーストーン同士の組み合わせを考えた場合、悪い組み合わせとはいいませんが、石同士の相性があわない場合があります。

 

たとえば琥珀は北ヨーロッパやロシアで産出される事が多いのですが、琥珀と主に南洋で産出される珊瑚やパールはあまり相性がよくありません

 

沢山の石を選別し、石を並べ替えながら組み合わせを考えていると、出身地というと大げさですが、石同士でもしっくりくる組み合わせとそうでない組み合わせがなんとなく分かってくるから不思議です。

 

しっくりくるか、身につけていて自分の潜在能力が上がる気がするか、それは石とあなたの相性が良いか悪いかで決まります。
あなたに合わない石でも、友達にはしっくりくるかもしれません。
これは駄目だ、と思わずに心をこめて浄化して、欲しい人に譲っても良いでしょう。

 

組み合わせが悪い気がするけど、何となく手放しがたい場合は、石とあなたの相性がむしろ引きつけ合っている可能性があります。

 

そんな時はバランスをとるために水晶を取り入れて組み合わせてもみるのもお勧めです。

 

水晶

 

水晶には、石とあなたのエネルギーを同調させる作用がありますから、合わないな、と思っても水晶を取り入れるだけでバランスがよくなる場合もあります。

 

また、悪い組み合わせだと思う場合は、石にマイナスのエネルギーが取り付いているのかも知れません。その石に合わせて塩や水、太陽の光などを組み合わせて浄化してみても良いでしょう。